top of page
検索

水墨画あれこれ-3

師範になるには、筆記及び実地試験があった。筆記は、それほどむつかしいものではないのだが、普段使っている言葉がその時に限りとっさには出てこず、やはり年を感じざるを得なかった。

実地は、半切1/2の用紙16枚を描く大変なもの。基本の四君子各1枚、花鳥画各種、大型動物、日本中國ヨーロッパの風景画、特殊技法を使った絵、など計16枚を日を違えて描くものであった。



ぶどう

お手本として色紙の描いた。

前2枚のブドウの絵は、描き方のお手本として描いたものであるが、ここでは色紙という小さい空間であるがリアルに近い色の作り方、構成の仕方など含めて総合的に学びます。

安達嵐松

閲覧数:21回0件のコメント

最新記事

すべて表示

私の考え

Comments


bottom of page