IMG_2266 (2).JPG

ノスタルジックな気持ちがふつふつと湧いてくる。

ある一種のあこがれの生活。

ただ現代においては限られた人にしか賛同を得られないだろう。

しかし、水墨画として様々な工夫をした。

左下に(水面にあたる部分)絶妙な形で墨を入れない残すのに苦労した。

​山を描かないで山奥に隠棲している様子の表現。などなど。

​托鉢

タイは敬虔な仏教徒が多い国である。

タイにおいては、仏教徒の男子は全て出家するのが社会的に望ましいとされている。

修行の一つとして、早朝托鉢する黄衣の僧を見かける。

​夜が明けきらない朝もやの中、きりっとした姿の僧が托鉢で回る様子を描いた。

IMG_2249 (2).JPG
Img_1999.jpg
conv0019.jpg

​山響冷韻

森閑とした林間。

冷え冷えとした空気。

林間の小さな池に突如起こる大きな羽音。

​魚を捕まえる一瞬を描いた。

IMG_0206.jpg

​大漁

早朝、あわただしく出航する漁船。

静かにゆったりと釣りをする人。

魚群予感させるカモメも群れ。

最も苦労したのは、キラキラと輝く海面の表現であった。

​静かな波間に、独特のきらきら感。